経営の様々なお悩みお聞かせ下さい!継続して繁盛するお店の秘訣、お教えします。

基準値と実績値の比較と問題点の摘出

他の美容室は、我が社程度の売上、利益を上げるのにどの位の材料費、人件費、家賃等経費を使っているのか?

当社のお客様方の実例を駆使して作成した最大公約数的な基準値と御社の実績値を比較して、バランスの悪い部分を摘出し、適正な利益の出るようにアドバイスをいたします。

▼ 月次の試算表等の他にご提供させて頂いている資料の一部です。

美容室A 美容業基準値比較資料
平成20年 9月分 9ヶ月経過
  基準割合 月計 実績割合 累計 実績割合
売上 100% 2,318,475   21,743,511  
材料費 5〜10% 126,439 5.5% 1,728,657 8.0%
粗利益 90〜95% 2,192,036 94.5% 20,014,854 92.0%
オーナー給料 10〜20% 322,000 13.9% 2,834,520 13.0%
社員給料 30〜35% 781,160 33.7% 6,584,230 30.3%
人件費計 40〜50% 1,192,630 51.4% 10,174,843 46.8%
その他経費 30〜40% 882,587 38.1% 7,574,213 34.6%
営業利益 20% 116,819 5.0% 2,265,798 10.4%
経常利益 15% 81,427 3.5% 1,910,182 8.8%
損益分
○○売上
85% 2,237,048 96.5% 19,833,329 91.2%

月計・累計・基準値対比グラフ

儲かっている美容室の基準
割合と自分のお店の数値を
比較した表です。
自分のお店は大丈夫?
問題点は何だろう?

 1.売上の減少
 2.材料の買い過ぎ
 3.人件費が過大
 4.経費のかけ過ぎ

儲かっている美容室と
比較した自分のお店の
状態が一目でわかりま
す!

 

お問い合わせ 03-3542-9755